【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

簡単!【After Effects CC 2019 expression】"wiggle"を使って星をキラキラさせてみる

[After Effects CC 2019]のエクスプレッションの勉強をしていこうと思います。

今回は"wiggle"を使って、トランスフォームの透明度をランダムに動かしてキラキラ演出をさせてみます。

数分で制作できてしまうぐらい簡単なexpressionにしてみました。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223653p:plain

▲新規コンポジション作成

今回は本当にシンプルです。コンポジションも1つだけ、プリコンポーズもしません。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223701p:plain

▲背景(夜空っぽい感じ)を作成する

新規平面を作成します。サイズはコンポジションと同じです。

何もないと少々寂しいですので、新規平面を作成し、背景画像を用意します。

expressionとは関係ありませんので、作業を省いてもらっても大丈夫です。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223708p:plain

▲エフェクト[グラデーション]

新規平面に[グラデーション]をかけて、背景としました。

夜空、宇宙っぽい感じにしたかったので、黒と青を色のベースにします。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223715p:plain

▲[スターツール]を使って、星を作る

星1つずつ、[シェイプレイヤー]を分けます。(星4つなので、シェイプレイヤーも4つ)

※ここで星1つ1つを[シェイプレイヤー]で分けることにより、後でexpressionをコピペした時にメリットがあります

 

 

【expression"wiggle"】 

f:id:burst-signal:20181106223728p:plain

▲[シェイプレイヤー]の[不透明度]にexpressionを追加

[不透明度]を選択して、[アニメーション]→[エクスプレッションを追加]。

※[コンテンツ]内にも[不透明度]があるのですが、ここでは[トランスフォーム]内の[不透明度]にexpressionを追加します。

 

wiggle(1秒間に何回,どれだけの振幅を変動させるか)

wiggle(2, 80)

[不透明度]にexpressionを追加しました。数値は微調整して下さい。

 

これで作業は終了!再生させると[不透明度]がランダムに変動し、キラキラ輝いているように見えるはず。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223736p:plain

▲他の[シェイプレイヤー]にもexpressionを追加する

先ほどexpressionを追加した[不透明度]で、[右クリック]→[エクスプレッションのみをコピー]

"wiggle(2, 80)"がコピーできます。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223743p:plain

▲他の[シェイプレイヤー]を全て選択して、"wiggle(2, 80)"をペーストする。

[編集]→[ペースト]

 

 

f:id:burst-signal:20181106223756p:plain

▲各[シェイプレイヤー]の[不透明度]に、"wiggle(2, 80)"がペーストされています。

ここで再生していただくと分かるのですが、星の輝きがそれぞれランダムです!

すごく自然な感じになります。

 

大量の星をランダムに動かしたい時は、[シェイプレイヤー]は別々に分けるほうが作業が大分楽になります。

ひたすら[星シェイプレイヤー]を複製し、一気にexpressionをペーストすればいいだけですからね。。。

 

 

f:id:burst-signal:20181106223808p:plain

▲完成

今回はかなり簡単なexpressionを追加しましたが、これに1ずつキーフレームを打っていくとかなり大変ですよね...

もうちょっとexpressionの勉強をして、面白い作品を作ってみようと思います!