【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

【簡単】エクスプレッション【素材をループさせる】loopOut("cycle")

loopOut("cycle")

私がよく使うエクスプレッションです。

尺稼ぎや、レイヤーの複製を多用するときなどに重宝しています。

 

f:id:burst-signal:20180511075724p:plain

▲分かりやすいように、デュレーション1秒のコンポジションを作成します。

 

 

f:id:burst-signal:20180511075730p:plain

▲1秒でフェードアウトする波紋を作りました。これをループさせたいと思います。

 

 

【ループさせる】

f:id:burst-signal:20180511075743p:plain

f:id:burst-signal:20180511075755p:plain

▲まずループさせたい素材を選択して[プリコンポーズ]します。ここでは、[シェイプレイヤー1]です。

[レイヤー]→[プリコンポーズ]

 

 

f:id:burst-signal:20180511075802p:plain

デュレーションが10秒のコンポジション[コンポ2]を作成しました。この[コンポ2]に1秒の波紋素材をループさせてみます。

 

 

f:id:burst-signal:20180511075808p:plain

▲[コンポ2]に、先ほどプリコンポーズした[シェイプレイヤー1プリコンポーズ1]をドラッグ&ドロップします。

波紋素材はデュレーションが1秒しかないため、このように1秒以降に素材がない状態です。

 

 

f:id:burst-signal:20180511075814p:plain

▲タイムリマップを使用します。

[レイヤー]→[時間]→[タイムリマップ使用可能]

 

 

f:id:burst-signal:20180511075821p:plain

▲タイムリマップにエクスプレッションを適応させます。

[アニメーション]→[エクスプレッションを追加]

 

 

f:id:burst-signal:20180511075827p:plain

f:id:burst-signal:20180511075835p:plain

▲[timeRemap]となっているところに[loopOut("cycle")]と打ち込みます。

これでループする素材の完成です。

 

 

f:id:burst-signal:20180511075841p:plain

▲タイムライン上の素材をドラッグ&ドロップして伸ばしてあげると、伸ばした尺のぶんだけループしてくれるようになります。

 

 

【まとめ】

[ループさせたい素材]→[プリコンポーズ]→[タイムリマップ]→[エクスプレッション]→[loopOut("cycle")]