【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

ブログ【舞う羽を増やしてみました】AfterEffects CC 2018 

前回作成した羽を増やし、[完パケコンポジション]に乗せます。今回の記事は本当にブログって感じですね。

 

何パターンかIllustratorで描いた羽。

複数の羽が舞っている演出にするために、他の羽にもキーフレームを打ってみました。

作業自体は前回とほぼ同じ設定なのですが、他と差別化するため、舞うタイミング、フェードアウトするタイミングなどの設定が難しかったです。

 

 

f:id:burst-signal:20180913211521p:plain

 ▲羽の1枚。

サイズを変更して他の羽と差別化し、トランスフォームのキーフレームしか調整していません。

上の写真を見ていただきたいのですが、羽が着地した後に少しだけ位置を動かしてキーフレームを打っています。

波紋の演出をしていますので、水面がそこにあるような演出ができました。

 

 

f:id:burst-signal:20180913211533p:plain

▲[完パケコンポジション]に乗せて、タイミングを調整します。

この動画のプレビューを確認しながら、コンポジションの微調整を繰り返し。

 

 

f:id:burst-signal:20180913211542p:plain

▲もう1枚の羽。これで合計3枚となります。

各キーフレームの場所を変えて、[スケール]にもキーフレームを打ち、映像に遠近感を出してみました。

 

 

f:id:burst-signal:20180913211556p:plain

 ▲[完パケコンポジション]に乗せます。 

3Dレイヤーにチェックを入れ、[回転]の設定をそれぞれ大きく変更してみました。

少し不思議な空間を演出できていればいいなと思います。

 

今回はあまり大きな作業はしていません。申し訳ありません。

次回は色付け、背景などでエフェクトを色々使用してみたいなと思います。